これが世界の選択か;01

-アメリカ人の反応-

  • Twitter
  • RSS

    カテゴリ: ネタ記事

    n-FACEBOOK-OCULUS-VR-large570
    フェイスブックは、VRヘッドセットを開発するOculus VR社を総額20億ドル(約2050億円)で買収すると発表しました。4億ドルの現金と、16億ドル分のフェイスブック株式(2310万株)が既存株主に 付与されます。また、経営陣には3億ドルのアーンアウトが設定されるとのこと。

    Oculus VRはヘッドセット型のVRデバイス「Oculus Rift」の開発を進めており、開発者向けにキットが既に提供を開始。主にゲーム用途で、世界中の開発者が開発を始めています。元々はクラウドファンディ ングのKickstarterから始まったプロジェクトですが、記録的な調達額を打ち立て、その後も資金調達を繰り返し、人材獲得にも力を入れます。ま た、伝説のゲームデザイナー、ジョン・カーマックも同社に参画をしています。

    フェイスブックはOculusがゲーム分野で確立しているVR技術を、通信、メディア、エンターテイメント、教育など多分野に展開する計画で、バーチャルリアリティ技術は次世代のソーシャル、コミュニケーションのプラットフォームの強力な候補であると述べています。

    「モバイルは今日のプラットフォームですが、我々は明日のプラットフォームへの準備も出来ています。Oculusは最もソーシャルなプラットフォームを作 る可能性があり、我々の働き方やコミュニケーション、そして遊びを変えることができるでしょう」とフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOはコメン トしています。

    「私達はマークやフェイスブックと共に、世界で最高のバーチャルリアリティプラットフォームづくりにまい進するのをとても楽しみにしています。私達はバー チャルリアリティは人々を魔法のように結びつけるソーシャル体験であると信じており、今まで不可能だった様々な事を実現可能にする変革の、そして破壊的な テクノロジーです。そして物語はまだ始まったばかりです」とOculus VRのブレンダン・イリブCEOはコメントしています。

    引き続きOculus VR社はカリフォルニアの現在のオフィスで活動を続け、「Oculus Rift」の開発も継続されるとのこと。

    Oculus VRは第2世代の開発キットを先日開催されたGame Developers Confereceで発表し、開発者への出荷を6月から開始すると明らかにしています。フェイスブックによる買収は予想外ではありましたが、巨大テック企 業もバーチャルリアリティに多大な関心を示している事の表れと言えそうです。

    yu_oculus
    Oculus VRの開発チーム

    記事出典元
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1403/26/news036.html
    【フェイスブックがマトリックスの世界を実現するため20億ドル投資  海外の反応】の続きを読む

    米国を出て行ったアメリカ人はどこにいくのか?
    2013に国連経済社会局が行った調査結果を集計しました。



    8&9位  日本  60,000人移住
    4
    日本はアメリカから多くの移住者を受けて入れています。
    その数は驚くことに、ブラジルより多いです。


    【祖国を去るアメリカ人はどの国へ行くのか?  海外の反応】の続きを読む


    e-entire-country
    ウラジーミル・プーチンは、現在ロシア連邦の大統領であり、世界でも大きな影響力を持つ政治家の一人です。
    彼について10項目に分けて解説された記事の海外の反応です。



    1.プーチンはサンクトペテルブグの共同アパートで育ち、決して裕福な環境ではなかった。

    original
    プーチンが幼少期に過ごした共同アパート (AP通信より2002年4月撮影)



    【知っておきたい 10のプーチンの真実 海外の反応】の続きを読む

    n-HAPPYMEAL-large570
    多くのアメリカ人は、ハッピーセットと聞くと幸せを連想します。
    子供はミッキーが描かれた箱を手に入れることを、なによりも楽しみとします。
    この赤い箱には、脂っこい食べ物だけではなく、おもちゃばかりが入っています。
    子供が望んでいるのはハンバーガーではありません、101匹わんちゃんの置物やハービー人形などのおまけグッズなのです。
    そしてその「おまけ」はキャラクターの違いなど、個々に微妙な違いがあります。
    この違いは、子供のマーケティングに最良な手法の1つだと言われています。
    ある調査によると、2才~11才までの子供の40%が週に一度、マクドナルドに行きたいと両親にねだるそうです。
    どのようにしてマクドナルは、子供を惹き付けているのでしょうか?
    ここでは11個に分けて解説します。


    【知っておきたい 11のマクドナルド・ハッピーセットの真実】の続きを読む

    1. 卍は幸運の象徴だった...ナチスがネタにするまで
    VW25OdC
    卍は、3000年以上前から幸運の象徴として使われ、一般的に良い印象を持たれていました。
    ナチスドイツがシンボルと使う前から、初期キリスト教・ユダヤ教・ヒンズー教・仏教さらにはネイティブアメリカンなど世界中の文化で使われいました。 

    ナチスドイツが台頭する前の第一次世界大戦では、コカ・コーラが広告で使用していたし、上記写真のようにエドモンド卍(カナダ女子ホッケーチーム)などスポーツチームがそのシンボルを使いました。

    ナチスドイツによって悪いイメージを持つ我々現代人から見ると、これらの過去の事実はとても奇妙に映ります 
    また、卍を反時計周りにすると良い意味に、時計回りにすると悪い意味に捉える場合もあります。



    【知っておきたい 7つの世界の歴史的事実】の続きを読む

    このページのトップヘ