これが世界の選択か;01

-アメリカ人の反応-

  • Twitter
  • RSS

    カテゴリ: アメリカ

    n-WALMART-STORE-large570
    AP通信 - ウォルマートはパンやバターを買いに来た顧客から、ゲームソフトを買い取ると発表。
    ウォルマート・ストアーズ・インクによると3,100店舗でゲームの買取を行い、オンライン取引にて買い取ったゲームを販売するとのことです。

    ウォルマートは、アメリカ・アーカンソー州に本部を置く世界最大のスーパーマーケットです。
    世界15ヶ国に展開し、2012年の売上高は40兆円でした。
    世界最大の小売業者は、年間20億ドルとも言われている中古テレビゲーム市場を狙っています。
    300px-Walmartmexicaninteriors


    現在、世界最大の中古ゲーム販売業者はアメリカ・テキサス州に本部を置くGameStopです。
    世界中で6,700店舗展開しており、最も確立された下取りシステムを持っています。
    gamestop


    これまでの中古テレビゲーム市場は専門業者による支配でしたが、Amazonがテレビゲームの下取りシステムを小売業者に提供するようになり、そこへウォルマートが参入することは、売上の半分が中古ゲームの取引によるGameStopにとって脅威となります。

    この動きによりウォルマートの株価は14セント上昇しました。
    しかしアナリストによると、GameStopのような専門店が新作から中古まで取り扱う、幅広い販売の前には、他業種小売業はささやかな利益しか挙げられないだろうとコメント。

    しかしゲームソフト開発メーカーが、中古市場を心よく受け入れていないという潜在的な課題もあります。
    エレクトロニック・アーツなどは、利益を回復させるためダウンロードコンテンツに力を入れています。
    1898__EADM_1



    【米大手スーパーマーケットが中古ゲーム買取を開始  海外の反応】の続きを読む

    php
    売春は世界最古の職業かもしれません。
    世界で売春の規制が緩いアメリカでは、国内から性取引を無くすため司法省が主体となり、都市研究所や公共シンクタンクがアメリカでの売春について研究しました。
    彼らは8つの主要都市での商業的性取引経済の規模や構造をレポートとしてまとめ、公表しました。
    研究者はそれらの都市で、売春婦や業者にインタビューを行い、いくつかの興味深い事実が発見されました。
    ここでは、9つに分けて解説します。



    1.風俗はアメリカ経済にとって有益な影響を与える。
    アトランタの売春ビジネスは2007年だけで2.9億ドルの規模がありました。
    マイアミの売春ビジネスは2.35億ドル、ワシントンDCでは1.03億ドルでした。
    このデータはアーバン研究所によって集計されました。



    【知っておきたい 9つのアメリカ売春の真実】の続きを読む

    n-HAPPYMEAL-large570
    多くのアメリカ人は、ハッピーセットと聞くと幸せを連想します。
    子供はミッキーが描かれた箱を手に入れることを、なによりも楽しみとします。
    この赤い箱には、脂っこい食べ物だけではなく、おもちゃばかりが入っています。
    子供が望んでいるのはハンバーガーではありません、101匹わんちゃんの置物やハービー人形などのおまけグッズなのです。
    そしてその「おまけ」はキャラクターの違いなど、個々に微妙な違いがあります。
    この違いは、子供のマーケティングに最良な手法の1つだと言われています。
    ある調査によると、2才~11才までの子供の40%が週に一度、マクドナルドに行きたいと両親にねだるそうです。
    どのようにしてマクドナルは、子供を惹き付けているのでしょうか?
    ここでは11個に分けて解説します。


    【知っておきたい 11のマクドナルド・ハッピーセットの真実】の続きを読む

    「景気回復」と言われてはいるものの、悲しい現実がある。不況で中間層の職が大きく奪われ、低賃金の職がそれに取って代わっているという現実だ。そればかりか、その状況が改善される動きは当分ない。

    アメリカ労働省労働統計局は、今後10年間に米国内で急激に増加する求人の多くは、賃金の低い職種になると予測している。シンクタンク「New America Foundation」は先ごろ、そういった予測をグラフに表した。

    「2012年の年間賃金(中央値)と、2012年から2022年までの雇用成長予想」
    original
    見てお分かりの通り、2022年までに雇用が伸びる業種として挙げられているのは、飲食業や販売業(一般店員)、介護などだ。そして問題なのは、こうした業界で提供される年収が低いという点だ。

    こういった業界で働くの半数は、2012年の年収が2万ドルに満たない。しかも、働いている人は未成年ばかりではないという調査結果もある。

    低賃金労働者に対しては、フードスタンプや、低所得者向け補助金というかたちで、毎年何十億ドルにも達する税金がつぎ込まれている。世界的企業であるウォルマートやマクドナルドが社員の賃金を上げたり、連邦議会が最低賃金を引き上げたりしない限り、状況の改善は当分見込めない。

    社会の「低賃金経済」化は、ますます進展している。「景気回復によって生まれた仕事」の3分の2以上は、こういった賃金の低い業種が創出しているのだ。

    http://www.huffingtonpost.com/2014/03/07/low-wage-jobs-future_n_4913058.html?utm_hp_ref=business

    【今後10年、働けるのはブラック職ばかり・・・ 海外の反応】の続きを読む

    Bill-Gates-820x420
    億万長者の番付を行っている米誌フォーブスが、2014年版にてマイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツが世界一位のお金持ちに返り咲いだと発表しました。彼が保有するマイクロソフト株の値上がりを受け、推定資産は780億ドルと予想されます。
    そのビル・ゲイツが2012年にインタビューを受けています。 なぜ彼が莫大な金額を慈善事業に寄付するのか、世界の問題をどう捉え、今何をするべきなのか。
    彼は、水や食料不足による飢餓が増えることを危惧し、医療分野の発展に力を入れているようです。

    やはりスティーブジョブスとの比較が多いです、海外の反応です。



    【ビル・ゲイツ お金について語る 海外の反応】の続きを読む

    このページのトップヘ